最近は誰でも気軽に参加できるので街コンで婚活をする人も増えてきました。
街コンは地域活性化が目的で行われることも多く、地元の飲食店の協力で地元ならではの美味しい食べ物や飲み物を堪能できるのがメリットです。
ただしすべての人が婚活や恋活目的で参加しているわけではなく、食べ歩きや新しいお店の開拓のために街コンに参加している人も多いです。
そのため気に入った異性にアプローチしても相手が本気で婚活をしていない時は、温度差を感じてしまいうまくいかないのがデメリットといえます。

婚活パーティーは街コンと比較すると婚活の本気度に違いがあるのがメリットと言えます。
婚活パーティーでは参加者のほとんどが結婚相手を探しているので、結婚相手として自分にふさわしいかを考えながら相手を選ぶことが多いです。
婚活パーティーでは、全員と話せるトークタイムがあるのも街コンとの違いです。
短い時間でも一通りの参加者と話すことができるので、自分から積極的にアプローチしないと出会えない街コンとは違った出会いがあります。

婚活パーティーでは相手にプロフィールカードを渡して会話をするので、相手の趣味とか特技などが簡単にわかることも街コンとの違いでしょう。
もしも同じ趣味をプロフィールカードに書かれていれば、その話ですぐに盛り上がることができます。

地域活性化を目的とした街コンの場合は、参加者の人数が多いのでいろんなタイプの人と出会えますが、参加者の人数が多いということは、それだけライバルも多いということなので、じっくりと同じ相手と話すことが難しいです。
街コンと比較すると婚活イベントの方は人数は少ないですが、フリータイムがあるので気にいった人とじっくり話すことができます。
婚活の本気度も違うので真剣に将来について話し合うことも可能です。

街コンの場合は気に入った相手がいると、自分から連絡先を聞いて次に会う約束を取り付けなければいけませんが、婚活パーティーではスタッフがカップルになるためのセッティングをしてくれるので、自分からアプローチをすることが苦手な人には助かります。

費用を比較すると街コンの方が断然リーズナブルですが、カップルが成立する確率は婚活パーティーの方が高いと言えます。
街コンはいろんなお店を巡りながら相手を探すので、リラックスした雰囲気の中でおこなわれることが多いですが、婚活パーティーの方はほとんどの人が本気で婚活しているので、常に緊張感が漂っています。